分析

分析

西村淳也騎手の躍進の要因を探る!

西村淳也ジョッキーを取り上げます。リーディング争いにおいて、前年59位から今年の7月時点で20位と大躍進を遂げています。幸、内田、大野などベテランジョッキーと互角の争いを演じているのですから見過ごすわけにはいかないでしょう。勝利数の推移をデ...
分析

逃げ・先行を買えば儲かるをクラス別で確かめる ダート編

逃げ・先行馬を買えば儲かる!競馬を攻略する格言のように語られますが、果たして本当にいつでもそうなのか?というギモンを解消する企画。今回はダート編です。例によって脚質成績をレースのクラス別に比較していきます。芝編はこちらです↓複勝回収率まずは...
分析

逃げ・先行を買えば儲かるをクラス別で確かめる 芝編

逃げ・先行を買い続ければ儲かると言われるが、確かに回収率を見ればそれは明らか。しかし、それは全般的な傾向であって本当にいつでも逃げ・先行が儲かるのか?という点が問題になる。今回はレースのクラスによって、脚質傾向の変化を確かめる。複勝回収率集...
分析

今開催の東京芝で好走している血統

2019/05/28 更新2019/04/20 以降の春の東京開催は非常に馬場が速く、京王杯、ヴィクトリアマイル、オークス など次々にレコードタイムが更新されています。そこでこの速い東京の馬場でどんな血統が好走しているのかをチェックしましょ...
分析

チャンピオンズカップ2018  年齢と馬体重と血統がポイント

(ハイアットリージェンシー東京の荘厳なシャンデリア)最初にポイントを列挙します。〇5歳馬が狙い目!〇3歳馬は大苦戦、4歳と6歳はまずまずも、期待値的には6歳馬がいい〇父か母父にサンデー系の血はあった方がよい〇馬体重は500kg~540kgの...
分析

マイルチャンピオンシップ 勝利のコースどりを見極める

本命に予定していたステルヴィオが最内に入り、脚質的にも厳しい競馬になりそうなので萎えています。ここでは過去10年のマイルチャンピオンシップ勝ち馬の直線でのコース取りを、内/中/外 と目分量ですが3分割して分類してみます。内 ブルーメンブラッ...
分析

マイルチャンピオンシップ 回帰分析 母父ノーザンダンサー系がカギ

マイルチャンピオンシップを過去10年で見たところ、目立った偏りのあるデータは少ないのですが、血統面での偏りは目立ちます。母の父が欧州ノーザンダンサー系である馬が良績を出し続けています。mftypeという説明変数を、母父が欧州ノーザンダンサー...
分析

天皇賞(秋)へのローテーションの解釈

天皇賞秋への臨戦過程には、ぶっつけ/毎日王冠/オールカマー/その他 と大きく4つに分けられます。毎日王冠組が好成績なのは有名ですが、対照的にオールカマー組は成績が悪く過去10年で一頭も馬券に絡んでいません。今年の出走馬でいえば、レイデオロが...
分析

菊花賞 3コーナーから位置をあげてゆけ!

前回の記事で京都長距離G1では4コーナーでは前目にいることが好成績につながることを確認しました。しかし4角で好位置にいるためには決してスタートしてからずっと前目にいる必要はありません。ここで以下のグラフを見てみましょう。縦軸は平均着順で、横...
分析

菊花賞 4コーナー位置と枠についての考察

京都の長距離G1(天皇賞春と菊花賞)は京都芝の外回りという点で共通します。施行回数が少ない条件設定ゆえに、データのサンプルが少ないのが予想の上で難点ですね。菊花賞だけのサンプルでは少ないので、天皇賞春も200m違うだけなのでセットで集計しま...
タイトルとURLをコピーしました