競馬回顧 9/21・22 エピファネイア産駒で儲けるツボ

IMG_1194

先週の競馬は勝ちましたか?私は全く当たらずへこみマクリ。とゆうのも軸に据えた穴馬が来ても相手が来ないのです。

総流しをする勇気と余裕が欲しいものです。

とまぁ私の馬券事情はほどほどにして、先週の競馬で気になった点について述べたいと思います。

エピファネイア産駒のもうけるツボ

エピファネイア産駒が先週も穴で波乱を演出。

(1-3-0-5/9) 単回収28 複回収253と頭ではなく2着で穴を開けました。

ここまでのエピファネイア産駒の穴パターンは

✔ 少頭数
✔ 外枠
✔ 1600m以上

に集約されます。

詳しくは以下の動画で見て頂けるといいかと。

これがエピファネイア産駒が大穴で来るパターンなのですが、先週の穴馬についても、

リスペクト(9人気2着)芝1800m 10頭立て10番

ビットクラッシャー(7人気2着) 芝2000m 11頭立て10番

ディープハーモニー(11人気2着) ダ1800m 13頭立て5番

上の2頭はこれまでの穴パターン通り。

ディープハーモニーはエピファネイア産駒として初めてダートで馬券内に絡みましたが、やはり先行して揉まれない形でハマりました。基本的に前向きな気性でパワータイプが多いので、今後もダート替わりでの穴は増えていくはずで要注意です。

逆に人気馬でも内枠なら疑いたいのですが、まさに土曜のききょうSでのカーフライターク(2人気5着)の負け方が象徴的で、馬は走りたい気持ちが強くかかり気味で進むのですが、前に馬がいるために抑える形に。

そうなると、直線で伸びないのがエピファネイア産駒の特徴。とにかく馬の気性に合わせた競馬をするのがいい種牡馬なんでしょう。逃げや追い込みでの好走が多いことからもクセの強い面がありますから、ここに気づいた騎手をボクたちは見つけ出すがことが大事。

馬の気持ちを尊重するタイプでいうと、横山ノリジョッキーですよね。今後横山ジョッキー×エピファネイア産駒の組み合わせから、大穴が生まれる可能性が高いと見ています。

中山芝の4コーナーポジション傾向

土曜の中山の芝は、インをつく馬が上位を占めました。Cコース替わりの影響もあったでしょう。

IMG_1176

日曜は土曜よりも、外を回した馬の上位も増え、内と外はフラットな印象。
とはいえ、前目が有利なことは開催以来引き続きの傾向。
IMG_1193

藤田菜七子の修正力

ナナコ騎手が穴を持ってくるのはダートのイメージでしたが、最近では芝でもダートと変わりなく乗れている印象。

先週は芝ではリメインオブザデイ(6人気3着)とグレイトホーン(3人気1着)で馬券に絡んだのですが,
前者はこれまで好位での競馬から逃げ、後者は先行から差しという具合に、自らのうまく行かなかった乗り方は修正しての好走が目につきました。

馬への固定観念を持ちすぎずに、展開や馬場に応じて乗り方を変える姿勢がありますね。

この姿勢は他のジョッキーに戦略を読みづらくさせる意味でも効果的ですから、色眼鏡で見ずに冷静に考えて若手では十分買えるジョッキーでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました