関屋記念予想 土曜のキングマンボ祭り

A7D44AF4-3438-486C-BAD5-E111AB70B1EC

土曜の新潟芝レースはキングマンボ系が大活躍。

以下の青いところがキングマンボ系
キングマンボ新潟

父キングマンボ系に限れば (2-2-3-16)複勝率30.4 単回収92 複回収61

全くの人気薄も含むので全体で見ればさほどですが、好走馬に占めるキングマンボ系の多さが目立ちました。

また母父でもキングマンボ系が大穴をあけています。

ジョイフル(父キングズベスト) 7人気 → 1着
ショウナンアエラ(母父キングカメハメハ) 10人気 → 1着
コトブキスフェール(母父キングカメハメハ) 14人気 → 3着

たまたまで済ますこともできますが、先週の日曜も同様の傾向が見られたことから、何かあると信じて突き進む。

BSイレブンで小木曽さんがおっしゃっていたように、ややタフな芝が影響しているか。

上がりタイムや走破タイム自体はいつもの新潟通りなのですが、上位に来る馬の血統が欧州色の濃いジリ足タイプの馬の好走が目立ちます。

おそらく芝がやや深いのか、力強いピッチが要求されると見ています。

こうゆう馬場はキングマンボ系の得意とするところで、日曜日も積極的に狙いたいところ。

ただ、同じキングマンボ系でもロードカナロア産駒のように、しなやかなキレを武器にするタイプは一枚評価を下げたいところ。

あとはポジション取りについては動画でもまとめているのですが、勝ち馬に限れば前々で運んだ馬が強いのが関屋記念ひいては新潟外1600mの傾向。

このポジション傾向と直近の開催での血統傾向を踏まえて、関屋記念を予想します。

◎オールフォーラヴは3,4番手で運べそうな上に、2走前の錦Sのように前半に速いラップを刻むレースも得意。逆にディープ産駒らしい切れ味には欠けるので、下げてしまうと持ち味がいきない。

その点ファストアプローチの取り消しもあり、先行争いはラクになるので好位はとりやすくなったでしょう。

軸は先行馬が基本ですが、2・3着には差し馬も十分くるので、相手筆頭は〇ロシュフォールでいいでしょう。上がり最速王ですが、前走七夕賞は上がり37.5の持続力戦となり適性外で度外視可能。

2走前の新潟大賞典は上がり特化のレースで3着も、メールドグラース、ミッキースワローに負けただけでここでは威張れる立場。

距離がマイルというのは母父フレンチデピュティなのでむしろ良さそうだし、こうゆう差し馬に田辺騎手は合う。構え過ぎて差し遅れることだけが不安要素か。

あまり手を広げてもあれなので、この2頭の各単勝、馬連、ワイドで勝負だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました