函館記念2019 簡単レース回顧 ~ いつもと変わらない風景

近走で逃げたことのある馬がマイスタイル、ドレッドノータス、マイネルファンロンのみだったが、中でも一番内で能力上位なマイスタイルが迷わずハナへ。

内枠の先行勢が順に位置取り、大きな動きなく4コーナーまで流れ、先行した2頭のたたき合いに。

過去の函館記念をリプレイするかのように、内枠の先行勢の上位独占。

また改めて確認できたのは、このコースで16頭立ては内枠有利だが、こと1枠に限っては突っ張ていかないと好位がとりづらい分低調な成績が続いている。

今年もレッドローゼスのようなそこまで出足の速くないタイプだと、ワンポジション後手になりやすい。

対照的に2枠と3枠が今年を含めた過去10年で、7勝と好相性。

このように内枠有利でも1枠に限っては不利というコースは他にもあるはずなので今後検証したいと思う。

勝ち馬マイスタイルはこれで小回り(4-3-2-4)に対し、大回り・外回り(1-1-0-6)と典型的な小回り持続ラップ巧者だ。スロー必至なら逃げてぺースを作ればいいし、速いなら速いで2,3番手でマイペースを刻めばいいので、小回りでは弱点を見つけづらい。

今回は前後半59.8 – 59.8と全くのイーブンペースで運べたのが絶妙で、前のしぶとい馬も残れるが、後ろも足がたまらない展開に持ち込んだ。ただ前半3Fの36.3は過去10年の当レースで最も遅いラップで、この前半のわずかなゆとりが先行勢上位独占の助けなっただろう。

2着マイネルファンロンと3着ステイフーリッシュはこのレースで毎年穴を開けるロベルトとノーザンテーストの血を保有していた。ともに好位をとれたのが好走要因だが、ロベルト的な馬は切れ味に乏しく、自然と好位で運ぶ戦略をとることもあるだろう。

この2頭に関しては枠が逆なら着も逆の可能性はあったかもしれない。

参考動画:函館芝2000mのデータ分析

コメント

タイトルとURLをコピーしました