ベルモントSの血統傾向

F948B424-C609-4F95-B37E-F5C4C4D352D8

アメリカの血統は大きな系統からかなり支流に分かれており、今なおノーザンダンサーやミスプロという括りで捉えるのはやや大づかみなところはあります。

しかし細分化しすぎても有意な示唆を得づらいため今回は大きな括りでまとめています。

A.P. Indy系
ノーザンダンサー系
Mr.Prospector系
その他

父名 母父名
2018
1着 Scat Daddy Ghostzapper
2着 Lonhro Lookin at lucky
3着 Tapit Touch Gold
2017
1着 Tapit Successful Appeal 
2着 Curlin Polish Numbers
3着 Union Rags
A.P. Indy
2016
1着 Tapit Privately Held
2着 Giant’s Causeway Siberian Summer
3着 Tapit Sunday Silence
2015
1着 Pioneer Of The Nile
Yankee Gentleman
2着 Tapit Deputy Minister
3着 Curlin Awesome Again
2014
1着 Tapit Pleasant Colony
2着 A.P. Indy Touch Gold
3着 Dynaformer Unbridled’s Songs
2013
1着 Curlin Royal Anthem
2着 Awesome Again Cee’s Tizzy
3着 Malibu Moon Unbridled
2012
1着 Dixie Union G
one West
2着 Awesome Again Cee’s Tizzy
3着 Istan Dynaformer
2011
1着 Roman Ruler Saratoga Six
2着 Bernardini Storm Bird
3着 Dynaformer Gone West
2010
1着 Distorted Humor
Moscow Ballet
2着 Mineshaft Fly So Free
3着 Stephen Got Even Smart Strike
2009
1着 Birdstone Summer Squall
2着 Unbridled’s Songs A.P.Indy
3着 Birdstone Smart Strike

A.P. Indy系
ノーザンダンサー系
Mr.Prospector系
その他

目立った偏りを見つけるのは難しいですが、やはり近年ではA.P.Indy系の血、特にTapit産駒はここ5年連続で3着以内に来ています。

またノーザンダンサー系の中では、Deputy Minister系が好相性。

この表には記載しきれていないところでは、母方にRobertoやIn Realityなどの非主流血脈を持つ馬の好走が多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました