安田記念を春のマイルG1とラップ比較

 indycar_安田記念ラップ

今年の東京の馬場は過去にないほどに早い時計が出るので、過去の安田記念のラップと比較してもあまり有意な示唆が得づらいところ。

ですから、今開催に絞って比較する方が見えてくるものがありそうです。

春の東京マイルG1のラップ比較

安田記念

ラップ 12.2 – 10.9 – 11.4 – 11.3 – 11.2 – 11.1 – 11.2 – 11.6
上り 前3F 34.5 前4F 45.8  –  後4F 45.1  後3F 33.9
走破タイム 1.30.9

 
ヴィクトリアマイル

ラップ 12.3 – 10.6 – 10.8 – 11.1 – 11.3 – 11.2 – 11.5 – 11.7
上り 前3F 33.7 前4F 44.8  –  後4F 45.7 – 後3F 34.4
走破タイム 1.30.5

NHKマイルカップ

ラップ 12.0 – 10.4 – 11.5 – 11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.3 – 12.0
上り 前3F 33.9 前4F 45.8  –  後4F 46.6 – 後3F 34.6
走破タイム 1.32.4

ヴィクトリアマイルの異常な速さだけが目立ちますが、ラップからは前半の速さが大きな要因。

それだけに逃げたアエロリットは勝つのは不可能なラップで飛ばしていたのに、大きく崩れなかった。

そこで安田記念では前半4Fを1秒遅く刻み、後半の方が速いラップに持ち込んだことが上昇の要因。

この後半に速いラップが好位で立ちまわれる馬の好走を演出。

またCコース替わりで安田記念の週は、高速馬場に加えてインの優位性が増したこともアエロリットを筆頭にインをついた馬の好走を助けた。

つまり、外枠の人気馬に予期せぬ不利があったことは事実だが、ペースや馬場傾向の観点からも逃げ・先行勢の好走条件は揃っていたと言える。

また今開催の東京でのステイゴールド祭りを印象付けるインディチャンプの快勝でもあった。

インディチャンプの母の母はトキオリアリティーで同じく安田記念を制したリアルインパクトの母。

リアルインパクト産駒は今年が初年度だが、トキオリアリティーの米国的パワースピードにディープインパクトの血というのは、今開催の東京芝にベストフィットな配合だけに、東京芝の新馬戦にリアルインパクト産駒が出てきたら要注意だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました