日本ダービー 平成3強対決のデータ 

ダービー2017

2019年のダービーは3強の様相。

平成30年分のデータから、日本ダービーの3強対決をオッズから抽出し、結果を調べます。

しかし、3強の定義が非常に難しいところ。

そこで複勝シェア率とシェア率の偏りに着目して、3強を定義します。

以下の表1では、各年のダービーにおける上位3頭の複勝シェア率とHHIの値をまとめています。

(注:HHIとは、各馬のシェア率の2乗和。

例1.3頭のレースで複勝シェアがそれぞれ70、20、10→70*70+20*20+10*10 = 5400
例2.3頭のレースで複勝シェアがそれぞれ50、25、25→50*50+25*25+25*25 = 3750

このように、シェア率の偏りを表現することができます)

<表1>人気上位3頭複勝シェア率順

                     年    上位3頭複勝シェア率(%)                   HHI
2010 73.4 2155.83
1998 68.5 1792.82
2001 66.3 1685.34
2013 64.4 1547.43
1996 63.3 1517.3
2000 63.3 1737.82
2015 62.8 1548.05
2003 62.5 1589.12
2014 62.5 1480.77
2012 62.5 1581.32
2005 62.5 2249.3
2007 62.4 2179.44
2004 62.2 1445.32
2016 61.9 1463.14
1994 60.3 1853.57
1993 57.7 1268.95
1999 57.5 1298.94
2002 56.7 1281.33
1991 55.8 1667.02
2009 55.7 1482.7
2018 54.9 1306.92
1990 54.7 1221.68
1997 53.5 1063.55
1995 53.5 1252.33
2006 51.5 1205.8
2011 50.8 1117.76
1992 50.4 1068.32
2008 49.8 1021.83
2017 46.9 1094.59
1989 32.4 649.23

3頭シェア率TOP3を見ると

2010年 ヴィクトワールピサ、ペルーサ、ヒルノダムール
1998年 スペシャルウィーク、キングヘイロー、セイウンスカイ
2001年 ジャングルポケット、クロフネ、ダンツフレーム

2010年は2強ともとれますが、シェア率と3強のイメージは概ね符号していることがわかります。

では便宜的に3頭シェア率60%以上を3強と定義しましょう。

ただし、その中でもHHIの値が抜けて高いものは1強レースなので除外します
(除外レース 1994,2000,2005,2007)

対象レースは11レース。これらの上位人気3頭の成績。

3頭とも馬券内 2016

2頭馬券内 2001,2013,2015,2003,2014,2004,

1頭馬券内 2010,1998,1996,2012,

3頭とも馬券外 なし

このように、3強対決においては、3頭でキレイに決着するケースは非常にレア

その次に2頭が絡むケースが多いのはまぁ納得のいくところですが、3強のうち1頭しか馬券に絡まないケースが割りとあるのは馬券妙味をうかがわせるデータです。

たださすがに3強すべてが飛ぶパターンはないことも分かります。

今年がどのパターンになるかは予想困難ですが、3強のうち1頭か2頭は崩れることの方が普通ということはアタマに入れておくべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました