オークス 桜花賞以外の路線組の取捨選択

忘れな草賞とフローラS

 

桜花賞が外回りコースになった2007年以降で、オークスに馬券対象になった馬の前走レースは以下の5レースに限られます。

レース検索

オークス3着以内馬の前走レース

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気
桜花賞G1 10- 6- 6-69/91 11.0 17.6 24.2 82 61 100.6 8.5 7.7
忘れな草 2- 0- 0-11/13 15.4 15.4 15.4 338 77 293.2 9.8 8.4
フローラG2 1- 5- 4-41/51 2.0 11.8 19.6 7 67 32.8 8.9 9.8
スイート 0- 0- 1-29/30 0.0 0.0 3.3 0 16 0.0 11.1 12.0
皐月賞G1 0- 0- 1- 0/ 1 0.0 0.0 100.0 0 270 0.0 3.0 3.0

集計期間:2007. 5.20 ~ 2018. 5.20

前走桜花賞組についてはこちらの記事で書きました。
今回は、桜花賞以外で要注意の忘れな草・フローラS組で馬券になる馬・ならない馬のポイントを記します。

まず忘れな草とフローラ組を合わせた成績


レース検索

前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気 2000m 3- 5- 4-52/64 4.7 12.5 18.8 74 69 80.3 9.1 9.5

集計期間:2007. 5.20 ~ 2018. 5.20

一応人気以上には来ていて、回収率では桜花賞と大差ないのがポイント。

桜花賞上位組を逆転するパターン


レース一覧・マークデータ

忘れな草・フローラ→オークス3着以内馬の前走成績

前入線順位 着別度数
前走1着 3- 3- 1- 0/ 7
前走2着 0- 1- 2- 0/ 3
前走3着 0- 1- 0- 0/ 1
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 0- 0- 1- 0/ 1
前走6~9着 0- 0- 0- 0/ 0
前走10着~ 0- 0- 0- 0/ 0

集計期間:2007. 5.20 ~ 2018. 5.20

やはり忘れな草・フローラからオークスで馬券に絡む馬は、勝ち負けしてくることが必要。

もう少し具体的に見てみると、距離延長で沈む桜花賞好走馬がいること・桜花賞上位馬の回避が、忘れな草・フローラ組が来るパターンのようです。

忘れな草・フローラ組が2頭オークスで馬券に絡んだパターンを取り上げましょう。
2007年以降でこのケースは4回あります。

2010年
サンテミリオンとアグネスワルツ
ここは桜花賞組のレベルがアパパネを除けば低かったことも大きいですが、桜花賞で先行して好走したエーシンリターンズ、オウケンサクラが沈みました。

2011年
エリンコートとピュアブリーゼ
レベル的には高いと思われる桜花賞組のホエールキャプチャとマルセリーナを、上記2頭が制した。
距離適性と馬場状態が大きいパターン

2013年
デニムアンドルビーとエバーブロッサム
レッドオーヴァル、アユサンの距離適性のなさで沈むパターン。

2016年
チェッキーノとビッシュ
桜花賞の勝ち馬が不在、3着馬アットザシーサイドは距離適性なし。

このように、どうゆう馬が来るか、というよりも桜花賞組との相対的な比較が重要でしょう。

桜花賞組は基本的にオークスまでに1600以下のレース経験がメインなのに対して、忘れな草・フローラ上位組は2000mへの対応は保証されています。

その点で2400mへの対応という意味では、後者に分があるでしょう。

しかしこの時期の3歳ですから、完成度も問われるので桜花賞上位馬の方が完成度では上回るでしょうから、このあたりのバランスを見極めて予想することがカギになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました