朝日杯FS 予想 逃げれないダイワメジャーなんて・・

まず朝日杯は阪神芝1600で施行されたのが2014年。なので同レースのサンプル数としてはたった4年分のみ。ここがデータを重視して予想する立場の人にとっては悩ましいところでしょう。

こういった場合は馬自体の分析に力を入れるのが筋ですが、それでもデータを活用しようという場合には、 阪神芝1600の傾向、2歳重賞での傾向など、少しずらした環境下でのデータが参考にできるでしょう。

【阪神芝1600の傾向】

レース検索

脚質上り別集計 1600万以上

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 7- 6- 3- 29/ 45 15.6 28.9 35.6 216 114
平地・先行 14- 9- 13-127/163 8.6 14.1 22.1 72 69
平地・中団 15- 16- 22-176/229 6.6 13.5 23.1 49 64
平地・後方 9- 14- 7-163/193 4.7 11.9 15.5 19 42
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0 0.0 0.0 0 0

集計期間:2015. 2.28 ~ 2018. 6.17

阪神外回りというと差しのイメージが強いですが、近年は阪神の馬場の高速化が著しく、脚質面でも逃げ馬も健闘しており、好位をとれた方がベターです。

【2歳重賞の傾向】
2歳戦は新種牡馬の影響が大きく、あまり長いスパンでデータをとっても参考にしづらいので過去3年ぐらいを目安にしましょう。


レース一覧・マークデータ

種牡馬別集計

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気
ディープインパクト 3- 2- 6-10/21 14.3 23.8 52.4 95 113 100.1 4.8 5.1

集計期間:2015. 6. 6 ~ 2018. 7.15
ソート:着別度数順

2歳重賞のマイルに限定してみると、やはりディープ産駒が圧倒的な数字で、他の種牡馬はばらけています。
回収率も高いので馬券的にも狙いやすい。今年はグランアレグリア1頭だけです。


レース一覧・マークデータ

生産者別集計

生産者 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気
ノーザンファーム 6- 9- 0-35/50 12.0 30.0 30.0 45 52 80.1 6.6 5.1
社台ファーム 4- 1- 1-15/21 19.0 23.8 28.6 124 81 137.3 5.8 6.3
ケイアイファーム 2- 0- 0- 2/ 4 50.0 50.0 50.0 147 65 233.9 3.3 3.3
社台コーポレーション白老ファーム 1- 0- 1- 7/ 9 11.1 11.1 22.2 80 58 84.5 7.0 5.9
磯野牧場 1- 0- 0- 1/ 2 50.0 50.0 50.0 4140 810 679.3 4.0 7.0
様似堀牧場 1- 0- 0- 0/ 1 100.0 100.0 100.0 360 190 360.0 1.0 1.0
競優牧場 1- 0- 0- 0/ 1 100.0 100.0 100.0 500 130 500.0 1.0 3.0
North Hills Co. Limited 1- 0- 0- 0/ 1 100.0 100.0 100.0 730 190 730.0 1.0 5.0

集計期間:2015. 6. 6 ~ 2018. 7.15
ソート:着別度数順


2歳戦では生産者の持つ影響力がより大きくなります。やはりノーザンファームがいいですが、回収率面ではイマイチ。

グランアレグリアについてはマイナス点が見つかりません。ちょっと内すぎるかなというぐらいでしょうか。

ただ、上位人気のグランアレグリア、アドマイヤマーズ、ファンタジストいずれも先行脚質である点をどう考えるかが問題。

アドマイヤマーズはダイワメジャー産駒でG1クラスで好走するには逃げ先行で粘りこみが不可欠。となると、アドマイヤマーズは逃げるのがベストでしょう。

デムーロは過去3年のG1においてリオンディーズで逃げてしまったケースを除いて一度も逃げていません。リオンディーズの逃げはペースの誤りを本人も認めていて、トラウマとまではいかないまでもG1で逃げて勝つというイメ―ジは持っていないのではないでしょうか。
ややミステリチックな推測になりますが、位置取りなんかはこうでもしないと予想できません。

となれば好位で運べて末脚も切れるグランアレグリアからすれば、後ろにアドマイヤマーズがいる分には怖くないでしょう。

ファンタジストについては、胴の詰まった体型で走法を見ても伸びがあるようには見えないですし、マイルの切れ味勝負では分が悪いと思います。

それならケイデンスコールの方が切れ味的には信頼が置きやすい。新馬でアドマイヤマーズと5分の競馬をしていて能力値ではこのメンツで引けをとらない。

人気馬が前目に揃うので、2,3着のヒモ候補は差し馬から拾いたい。相手一番手は血統こそ地味だがドゴールでいきたい。どちらかといえば消去法的な思考で拾う感じですね。メンバーレベルは血統面から見ても高くないと思うので素直に前走のレースレベルと内容からヒモは拾うべきでしょう。

まとめると、
◎グランアレグリア
〇ケイデンスコール

△ドゴール、アドマイヤマーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました