チャンピオンズカップ2018  年齢と馬体重と血統がポイント

IMG_0470
(ハイアットリージェンシー東京の荘厳なシャンデリア)

最初にポイントを列挙します。
〇5歳馬が狙い目!
〇3歳馬は大苦戦、4歳と6歳はまずまずも、期待値的には6歳馬がいい
〇父か母父にサンデー系の血はあった方がよい
〇馬体重は500kg~540kgの範囲がよい

以下では上記のポイントを導いた過程を記しております。

〈データの少ないレースへの対応〉
チャンピオンズカップのデータを整理しているサイトは数多ありますが、阪神コース時代を含めてのデータを発信しているサイトも多くデータ数の少なさに苦心しているところがうかがえます。

チャンピオンズカップは中京開催でたった4回しか施行されているていませんので、とにかくデータサンプルが少ないのがデータ派にとっては困るところです。

対応策としては、中京ダート1800mでの全クラス成績を調べる、競馬場を問わないダート重賞全般の傾向を調べるなどが考えられます。

前者の中京ダート1800mでの全クラス成績を調べるでは、あまり大きな偏りもなく目立った特徴がありませんでした。強いて言えば、ダートでは通常外枠が好成績ですが、中京1800mでは内枠がベターというデータがありました。

後者の「競馬場を問わないダート重賞全般の傾向」を軸に今回のチャンピオンズカップを展望しようと思います。
対象は距離が1600~2000mの3歳以上混合ダート重賞/過去5年55レースです。
(これでも少ないですが、4レース分よりははるかにいいですよね。)

〈ダート重賞と年齢〉
ダート重賞レベルでは、芝重賞のように若さがウリにはなりづらいという印象がありますね。
特に今年は3歳馬が人気の中心になりそうで、年齢という観点は重要になります。

1年を上半期と下半期に分けてみる。上半期は年齢が1つ上がって間もない時期なので、下半期とでは異なる傾向が出ると思い2分割します。


レース一覧・マークデータ

年齢別集計 ダート重賞 1月~5月(上半期)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気
2歳 0- 0- 0- 0/ 0                
3歳 0- 0- 0- 0/ 0                
4歳 9- 7- 4- 75/ 95 9.5 16.8 21.1 412 106 87.6 8.4 6.5
5歳 12- 9- 10- 66/ 97 12.4 21.6 32.0 75 100 116.3 6.9 6.9
6歳 7- 7- 8-101/123 5.7 11.4 17.9 37 48 64.5 8.0 7.9
7歳 2- 5- 6- 88/101 2.0 6.9 12.9 26 41 37.1 9.1 9.8
8歳 0- 2- 2- 34/ 38 0.0 5.3 10.5 0 98 0.0 10.5 11.8

集計期間:2013. 1.20 ~ 2018. 5.19



レース一覧・マークデータ

年齢別集計 ダート重賞 7月~12月(下半期)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気
2歳 0- 0- 0- 0/ 0                
3歳 2- 7- 2- 25/ 36 5.6 25.0 30.6 45 81 36.9 7.9 5.8
4歳 8- 2- 5- 48/ 63 12.7 15.9 23.8 122 72 104.3 6.7 6.0
5歳 9- 9- 8- 82/108 8.3 16.7 24.1 66 89 89.9 7.5 7.6
6歳 5- 4- 7- 66/ 82 6.1 11.0 19.5 241 80 88.0 8.1 8.7
7歳 1- 3- 2- 42/ 48 2.1 8.3 12.5 28 41 45.4 9.4 9.6
8歳 0- 0- 0- 19/ 19 0.0 0.0 0.0 0 0 0.0 9.0 10.6

集計期間:2013. 8.24 ~ 2017.12. 3

全体から読み取れるのは

・3歳馬 平均人気を平均着順が大きく下回り、過剰人気がち ただ、連対率・複勝率は良い

・4歳馬 人気・馬券内率/下半期>上半期  過剰人気

・5歳馬 人気・馬券内率/上半期>下半期   人気通りに来る

また過去10年に広げて、ダートG1の年齢別成績を出すと、

レース検索

年齢別集計

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気
3歳 0- 2- 2- 19/ 23 0.0 8.7 17.4 0 100 0.0 9.6 7.3
4歳 7- 4- 2- 60/ 73 9.6 15.1 17.8 441 88 100.7 8.0 7.0
5歳 9- 7- 7- 51/ 74 12.2 21.6 31.1 70 79 114.9 7.3 7.1
6歳 6- 4- 6- 63/ 79 7.6 12.7 20.3 163 70 89.8 8.0 8.4
7歳 0- 3- 4- 50/ 57 0.0 5.3 12.3 0 37 0.0 9.2 9.5
8歳 0- 2- 1- 29/ 32 0.0 6.3 9.4 0 40 0.0 9.7 11.3

集計期間:2008. 2.24 ~ 2018. 2.18


今年の文脈でいえば、やはりこの3歳馬のシビアな成績がポイントでしょう。
最後に3歳馬がダートG1を勝ったのは、2006年のアロンダイトまで遡ります。その前がカネヒキリ、クロフネと続きます。歴史的なダート馬レベルでないと勝つまでは厳しいことが分かります。

逆に際立つのが、5歳馬の好成績です。平均人気では4歳馬とほぼ同じですが、平均着順から勝率、連対率で大きく上回ります。
回収率では4歳馬が高いですが、これはコパノリッキーが単勝272倍で勝利したデータゆえでこれを除けば、単勝回収69 複回収44 と低い数値になります。(外れ値を丁寧にオミットしないと本質を見失います)

<馬体重>
やはりダートなのでパワーは競馬場を問わず必要になってきます。一番分かりやすい馬体重がいい目安になるでしょう。


レース検索

馬体重別集計 (過去10年のダートG1が対象)

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気
~399kg 0- 0- 0- 0/ 0                
400~419kg 0- 0- 0- 0/ 0                
420~439kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0 0.0 0.0 0 0 0.0 6.5 8.0
440~459kg 1- 2- 2- 16/ 21 4.8 14.3 23.8 50 55 61.8 8.5 9.1
460~479kg 2- 2- 2- 41/ 47 4.3 8.5 12.8 175 81 93.3 9.2 9.5
480~499kg 1- 4- 3- 62/ 70 1.4 7.1 11.4 2 35 24.2 9.0 9.4
500~519kg 6- 8- 6- 75/ 95 6.3 14.7 21.1 44 51 60.5 8.0 7.4
520~539kg 11- 6- 7- 70/ 94 11.7 18.1 25.5 101 77 126.4 7.8 7.7
540~ 0- 0- 2- 15/ 17 0.0 0.0 11.8 0 41 0.0 9.5 9.6

集計期間:2008. 2.24 ~ 2018. 2.18

500kgが大きな分かれ目になっていることが分かります。ただ540kgより大きいと微妙なので、500~530kgあたりが最も狙うべきエリアです。

<血統>
ダートとはいえ、やはりサンデー系の血を保有している馬が絶対数も多いですが、馬券内率も高いです。

レース検索

チェック種牡馬別集計

チェック種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気
サンデー系 9- 5- 6- 85/105 8.6 13.3 19.0 361 98 96.6 8.3 8.2
米国ND系 5- 1- 1- 22/ 29 17.2 20.7 24.1 91 47 125.0 7.6 6.8
ミスプロ系 米国 4- 4- 8- 81/ 97 4.1 8.2 16.5 28 54 57.9 8.8 9.1
シアトルスルー系 米国 1- 4- 2- 18/ 25 4.0 20.0 28.0 97 88 57.5 8.2 7.6
欧州ND系 1- 4- 2- 21/ 28 3.6 17.9 25.0 71 79 68.8 7.1 8.8
ロベルト系 米国 1- 3- 3- 30/ 37 2.7 10.8 18.9 55 51 44.8 8.0 8.6
Stormcat系 米国 1- 0- 0- 8/ 9 11.1 11.1 11.1 56 20 150.1 9.0 7.9
Nasrullah 0- 1- 0- 7/ 8 0.0 12.5 12.5 0 16 0.0 9.3 6.4
非サンデー ヘイロー系 マイナー 0- 0- 0- 6/ 6 0.0 0.0 0.0 0 0 0.0 11.2 11.5
その他のエクリプス系 0- 0- 0- 2/ 2 0.0 0.0 0.0 0 0 0.0 13.5 10.0
マンノウォー系 0- 0- 0- 1/ 1 0.0 0.0 0.0 0 0 0.0 12.0 11.0

集計期間:2008. 2.24 ~ 2018. 2.18
ソート:着別度数順

米国ノーザンダンサー系もいいですが、これはトランセンド一頭で大きく稼いでいるからです。
母父でもサンデー系保有馬が多いです。

ここまで上げてきた3つの観点、年齢・馬体重・血統を変数として、ダートG1の着順を回帰させてみます。

<ダミー変数で回帰>
age は5歳か否か /  weightは500~539kg / sunは父か母父がサンデー系の血

これらをダミー変数とします。

Call:
lm(formula = dg1$着順 ~ age + weight + sun)

Coefficients:
(Intercept)      ageTRUE   weightTRUE      sunTRUE  
     9.1093      -0.6633      -0.3707      -0.4166  

このように、年齢>血統>馬体重の順に着順アップへの影響力が高いです。

長くなりましたが、ポイントをまとめると、
〇5歳馬が狙い目!
〇3歳馬は大苦戦、4歳と6歳はまずまずも、期待値的には6歳馬がいい
〇父か母父にサンデー系の血はあった方がよい
〇馬体重は500kg~540kgの範囲がよい

<参考>

年齢と馬体重をダミー変数ではなく、素の数値として扱うと、

Call:
lm(formula = dg1$着順 ~ dg1$年齢 + dg1$馬体重 + sun)

Coefficients:
(Intercept)     dg1$年齢   dg1$馬体重      sunTRUE  
   16.28041      0.21610     -0.01732     -0.44070  

コメント

タイトルとURLをコピーしました