天皇賞(秋)へのローテーションの解釈

天皇賞秋への臨戦過程には、ぶっつけ/毎日王冠/オールカマー/その他 と大きく4つに分けられます。

毎日王冠組が好成績なのは有名ですが、対照的にオールカマー組は成績が悪く過去10年で一頭も馬券に絡んでいません。

今年の出走馬でいえば、レイデオロがオールカマー経由ですが果たして減点要素となりえるでしょうか?

もう少し過去のオールカマー経由馬について調べると 、天皇賞秋での平均人気は11.0人気です。それに対して、毎日王冠組は平均9.0番人気です。

これは予想プレイヤーが毎日王冠組を積極的に狙ったからでしょうか?否定はしきれませんがその影響は少ないでしょう。過去のオールカマー経由馬を見ると地味なメンバーです。

つまり、オールカマーを経由するから天皇賞秋で苦戦するのではなく、オールカマーをローテーションとして採用するような馬は、一枚足りないと陣営が判断しているからこそなのです。メンバーの集まる毎日王冠に出れば賞金も稼ぎづらくなりますから。

翻ってレイデオロの場合を考えると、毎日王冠でステルヴィオとバッティングしてしまうルメールとの兼ね合いからのレース選択だったでしょう。そうなると過去のオールカマー経由馬の苦戦の理屈には該当しません。

オールカマー経由だということで人気を少し落とすのであれば美味しいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました