土曜 京都金杯 中山金杯 予想 2018年

長岡京

京都の芝は秋の開催で未曾有の不良馬場になったことは記憶に新しい。以後の競馬でも時計はかかっていてディープ産駒が苦戦していた。12月の1ヶ月間だけでは、芝状態の回復には疑問が残る。
まずは京都5Rでの時計の出方に注意が必要。そうゆう意味では前日に予想をしてもあまり意味がないのですが、あくまで前提はタフめな馬場としておきます。

そうすると、例年の年明け京都の芝名物、高速インベタ馬場は期待できないかもしれない。
逆張りで、外差し、外枠にかけてみるのも妙味があるのではないか。

【京都11R 京都金杯】
◎ラビットランは、芝での2勝がインパクトの強い勝ち方で、雄大なフォームはいかにもTapit産駒らしいが、Tapit産駒らしくないキレ味もある。当然小回りよりは直線の長いコースが向いているし、過去2走のような窮屈な競馬よりは上昇が期待できる。こうゆうタイプはキレイに好位を立ち回ったら、案外末脚は発揮できないので、大味な競馬を期待したい。パンパン良馬場よりはタフな馬場がいい。

〇ブラックムーンは、追い込み馬だが、ここは逆張り作戦で。1800mで(2-1-1-0)と中距離的な切れ味タイプ。スローの上り勝負になると、マイル適性の馬よりも1800や2000での瞬発力型に利がある。
鞍上の武豊も京都外回りでは信頼度が増す。

△カラクレナイは、近走の大敗は距離や馬場と明確な敗因がある。ベストは1400mで、ここもスローな展開が濃厚となると、1800m向きの瞬発力が問われる可能性が高く、上位を崩すまでは考えられないが、桜花賞を見ても末脚は強烈。

【中山11R 中山金杯】
こちらも内枠有利のレースで、例年と異なるファクターは少ないように思うので、内目有利の前提で予想する。
人気馬が内側に集まって、堅い決着になりそう。
ウインブライト、セダブリランテス、ダイワキャグニーは、いずれもコース適性は高いし、上位人気3頭で決着しても不思議はないですが、◎レアリスタが狙いたい。
トキオリアリティーの子でまだまだこんなところで終わる馬ではないというのもあるし、過去小回りでは大敗しているが、走法を見ても決して小回りがダメそうではないし、母がスピードタイプで機動力はあるはず。(兄ネオリアリズムのように)

コメント

タイトルとURLをコピーしました