マイルチャンピオンシップ タフな馬場をノーザンダンサー系で

71ebf9602ad5b841a146c3f4efc2d75a_s

マルターズアポジーがいて、ウインガニオン、ダノンメジャーと続き、極端なスローは考えにくい。

マルターズアポジーの怖さはある程度騎手の間でも認識はあるだろうから、そうラクはさせてもらえないでしょう。

◎エアスピネル は、馬を熟知した武豊が乗るのがベストでしたが、ムーアならたとえここ数レースで不調でも進んで買える。前目につけて早め早めの勝負で決めてくれるでしょう。ペースがある程度流れそうなのもこの馬には好都合。あまり上りが問われる競馬になれば決め脚はG1レベルではないので厳しい。

〇ヤングマンパワーは、今のタフな馬場かつイン有利な馬場をもっとも利することができそうな馬で本命にするか迷いましたが、さすがに地力では劣ると見て相手に。年初のマイラーズカップで上りだけの勝負を、イスラボニータ、エアスピネルと差のない3着。毎日王冠も5着と爆発力はないがソツなく安定して走る馬。ノーザンダンサーでサンデーを挟むような配合も馬場的にいい。

▲ペルシアンナイトは、飛ぶ鳥を打ち落とす勢いのMデムーロが鞍上。確変中のハービンジャー産駒でこれもヤングマンパワー同様ノーザンダンサーでサンデーを挟む形。皐月賞が典型でしたが、上り勝負は得意でないが、速い馬場での持続力勝負に長けた馬で、出走馬中でもっともマイラーらしい馬であるように思う。

△サングレーザーは、目下4連勝中で、しかしその4戦はいずれもマイル戦ではないのが傷。
ディープ的なキレが生きにくい馬場ですが、母父Deputy Ministerなら、前走の重馬場をこなしているように、タフな馬場は苦にしないのでおさえに。

イスラボニータは当然有力ではありますが、マルターズアポジーが引っ張るような速めのマイルらしいラップは意外と合わないのではと。基本的にはラストの脚で勝負するタイプで、スローの外1800がベストだと思うのでここは軽視。昨年は◎を打ちましたが、それはスローを前提として1800m寄りのキレ味が問われると判断したゆえでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました