先週の傾向をおさらい 京都芝

ファイル 2017-11-17 20 54 13

今週の予想のためにも、先週の京都の芝をおさらいしましょう。

記憶に新しい未曾有の不良馬場の影響が、それ以後の競馬にも大きく影響していて、素軽い切れ味タイプの馬がとにかく苦戦している。ディープ産駒が振るわないのが象徴的です。これは東京でも共通の現象。

あれだけの不良馬場で開催され続けてきたため、路盤は相当傷んでいると推測でき、タイムに現れないタフさが要求されている。またエアレーション馬場の特徴でもあるが、悪化した馬場が回復した後は、極端に内側が有利になる傾向もやはり出ている。

先週もインを通った馬の好走がほとんどだった。また特徴的なのは、インが有利であることと関連するが、逃げ・先行が有利な傾向が顕著です。
エリザベス女王杯なんかもそうですが、イン前目でロスなく運んだ馬が好走するパターンが目につきます。

今週はCコース代わりで、馬場の傷んだ部分がある程度カバーされるでしょうが、おそらく先週や先々週の傾向は大きく変わらないのではないでしょうか。馬場全体が傷んでいることに変わりはないでしょう。

狙うべきは、ヨーロッパ血統、キングカメハメハなど、ディープ産駒には瞬発力でやや劣るタイプだ。
特筆すべきは、ハービンジャー産駒でエリザベス女王杯のみならず、バンバン馬券に来てます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました