私的予想フィードバック 10/21(土)

ファイル 2017-10-25 1 23 13
(京都・一保堂茶舗)

不良馬場で難解な競馬が続きましたが、不良馬場を得意にする馬は芝・ダートともにいるので、そこをおさえておけば、差別化を図れてオッズ的なギャップの恩恵に与れるでしょう。



◎アンセム  6着

◎アドマイヤロブソン  2着
〇エフティスパークル  7着
▲ステイブラビッシモ  3着

いかにも堅そうな11頭立てのレースに手を出したのが間違いでした。
注目したいのは、勝ち馬ヘリファルテ。この馬デビュー戦が稍重の中山芝2000で勝ち上がっていますが、この時のレース上りが37.6と相当に時計のかかるレースでした。また3戦目の東京2400でも上り36.3で押し切っていて、今回も不良馬場で上り35.5でアドマイヤロブソンとの一騎打ちを制しました。

ヘリファルテはこれで4走して最速上りが35.4です。いわゆるディープ的な切れ味ではなく、前々でタフな勝負を押し切るのが得意といえます。逆に言えば、次走で良馬場の上り勝負になったときが試金石でしょう。

◎シゲルゴホウサイ 3着
〇アフターバーナー  5着

ここはシゲルゴホウサイが10番人気ながらも3着に健闘。シアトルスルーのクロスで、湿った東京ダートはベスト条件なので以後も狙えます。ただ一本気なところがあるので、1300m以下の方が狙いやすいです。



◎マイネルアウラート 11着
〇ブラックムーン
    8着

馬場の巧拙が大きく問われた。特にこの日は不良の芝でキングマンボ系の台頭が目立った。
キングマンボ系は、欧州的なパワーに満ちた血で馬場の悪化で一気にパフォーマンスをあげます。
キングマンボ系は、キングカメハメハ、ルーラーシップ、エイシンフラッシュなどがいます。

エフティアテナ(父ルーラーシップ)8人気→2着
エイムアンドエンド(父エイシンフラッシュ)6人気→3着
ステイブラビッシモ(母父キングマンボ)5人気→3着
コスモイグナーツ(父エイシンフラッシュ)6人気→1着
エアスピネル(父キングカメハメハ)1人気→1着
クルーガー(父キングカメハメハ)11人気→3着

エアスピネルは切れ味もないわけではないが、今一歩足りない。器用貧乏的なところもあるのですが、まさにその切れ味のなさ、器用さがどんぴしゃにハマったレース条件でした。
武豊も切れ味のなさは自覚しているからこその早め早めの勝負がよかった。

クルーガーもパワーを強調した配合で条件がフィットした。中山がベストでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました