土曜予想 3日開催を好スタートで

ファイル 2017-09-16 14 06 03

こちら関西は雨が降りしきり、日曜の阪神開催も危ぶまれるところで、4日間開催への期待も高まりますが、まずは気持ちをおちつけて土曜日をキッチリ当てましょう。

【中山9R 古作特別】
内枠勢の争いで、その順番付けのレースか。
◎ドウディは、コンデュイット産駒ながら、Storm Catとの組み合わせでスピードを持ち合わせ、先行力もある。△アドマイヤシナイに同舞台で上位に来ており、わずかながら上と判断。
△コスモヨハネもAlyder由来の機動力があって注意。

ショウナンサスケは外回り向きなエンジンのかかりだし、中山では推しづらい。

フローラデマリポサは前走同様外枠で、溜めの利かないレースになりそう。距離短縮はいい。

ミッキーグローリーはディープ産駒で、今回は542kgというデカさ。ポテンシャルは秘めているが、ここは1年以上ぶりで様子見。先々は、母方のホワイトマズル、トニービンの粘っこさを生かして、1800で先行したらかなりイイ所にいけそう。

【阪神10R】
 阪神は13:30現在で稍重ですが、芝の2つのレースを見る限り、上りは極端にかかったりはしていないので、そこまで馬場に神経質にならなくてもいいように思いますが、気持ちタフな血統は意識して狙いたい。

◎オメガタックスマンは、長らくスタートから出して行けないタイプだったが、ここ2戦で途端に先行力が出てきた。気性的なことか、筋力増加ゆえかはわからないが、短距離馬で先行力がついたのは良い変化。ここも内枠で先行力が活きる。

〇タガノカムイは、ダイワメジャー産駒ながら、1600以上でずっと使われてきて、前走で1200代わりで3着。ここは初の芝1400だが、やはりダイワメジャー産駒らしく1400あたりが落としどころではないか。今の気持ちタフな馬場も合う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました