日曜 タフな札幌 田辺馬場

spring

札幌はタフな馬場が継続していて、内から4,5頭分外あたりからの差しの台頭が目立つ。

 このタフめで、差しの決まりやすい馬場は、田辺の得意とする舞台だ。

G1では奇策の逃げもやりますが、基本的には外から差す競馬がこの騎手のスタイル。

特に、エアレーションの効いた中山をふんわりまくっていて、差し切る絵は何度も見てきた。

今の札幌の馬場がまさにそれに近いと判断した。昨日のジェイラーやウインフェニックスでもいいところを見せていた。

・キーンランドカップ
ダート馬の印象のある◎ノボバカラだが、前走函館スプリントでは、大きく出遅れたが、超ハイペースもあって、ラストの足は目を見張るものがあった。
本来は、ダート短距離の先行馬だが、前走の姿を見て、田辺が差しに回ると予想。ダート的なパワーも今の札幌芝にフィットすると考えた。
〇ブランボヌールは、前走の超速い流れに巻き込まれた。牝馬でもあるし、前走のような厳しい流れよりは、前半34秒台くらいの流れなら台頭可能だろう。

・札幌12R オールスターJ第4戦
スロー濃厚な構成。特に外人騎手は大きく逃げたりはしないので、一層ペースは落ち着きやすい。
札幌記念のキンカメ1・2・3が記憶に新しいが、ここもキングマンボ系から入りたい。
◎ワイルドダンサーは、少し距離が短い気もするが、ロベルト系×キングマンボの配合でマクリパワー抜群。スローなら一層、田辺の外マクリがハマりやすいと予想。

<14:10 追記>
・小倉日経オープン
地方馬の参戦が多く、実質8頭立てだと考えれば、馬券的には当てやすそう。
△サトノラーゼンは今はマイルがベストな感もあって、2,3着候補にしたい。
ロングリバイバルは長期休み明けと距離の面で、厳しいがこれが逃げてもそんなに速くない。
それなら◎ダノンメジャーがマイペースに持ち込めるパターンだと見た。
〇サンライズタイセイは、小倉と好相性なサンデー×トニービンで、前走ぐらい走れば。
スーサンジョイは、前走のタフな特殊馬場で、前目につけれて残っただけで、ここは距離的にも馬場的にも厳しいだろう。

ばちっと当てて、いい風呂にありつきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました