新潟ダート1800不良馬場の戦い方

d129023362ee573402148db9eba25710_s

新潟ダートは金曜日現在で、不良馬場発表。いくら乾いても重馬場は間違いないはずだ。

そこで、新潟ダート1800を、良馬場と重・不良馬場に分けて、過去10年分のデータを比較しよう。

【重・不良】
新潟ダ1800 重・不良 脚質 過去10年

新潟ダ1800 重・不良 枠別 過去10年 内>外

【良馬場】
新潟ダ1800 良 過去10年 枠別

新潟ダ1800 良 脚質 過去10年

比較してみると、馬場によって、脚質の有利・不利はほぼ見られない。
いずれも逃げ・先行が圧倒的に有利で、重・不良だからより一層逃げ・先行が有利になるというデータは見受けられず。

対照的に、枠には差異が見られます。

良馬場の場合は、枠の有利・不利がほぼないのに対して、重・不良馬場の場合は、外枠<内枠が顕著です。

重・不良馬場で内枠が有利な背景を推測すると、
・外を回されると、滑ってコーナーでロス多い?
・時計的に早く、単純に内枠でロスなく運ぶことがメリットになる?

イマイチ弱い根拠ですので、データをそこまで個人的に信頼はできないですが、2頭で迷った場合には内枠を優先的に選ぼうかな、というぐいらの姿勢で臨みたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました