【札幌記念 回顧】勝負を分けたモノ

かなりの波乱が起きた今年の札幌記念。何が波乱の要因だったのか。
個人的な直感・フィーリングから述べてみたい。

まず今週から札幌記念はCコース代わりでした。


上記のように、コーナーの芝もびっしり生えていました。ただ、レースが始まってみると、差し馬もかなり来ていたし、外差しも決まっていた。
つまり、Cコース代わりでキレイな馬場だからイン有利とはならなかったのです。

確かに馬場解放の際に、京都競馬場の芝を歩いたことがありますが、最終週の芝がはげた馬場は非常に硬く感じました。 芝がびっしり生えている方がタフな競馬が展開されると言えるでしょう。

血統的な視点から見ても、土曜日はミスタープロスペクター系が大活躍しました。特にワークフォース産駒3頭、キングカメハメハ産駒、キングズベスト産駒各1頭が馬券になるなど、キングマンボ系の台頭が目立ちました。
キングマンボ系はミスプロ系種牡馬の中でも、特にパワーに秀でていて、札幌の馬場がタフであることを暗示していました。

そして、札幌記念は内から3頭の決着で、すべてキングカメハメハ産駒。
また注目に値するのが、1着サクラアンプルール、2着ナリタハリケーンともにダート経験があり、ダートでの勝利経験があったのです。 ほかにダート経験があったのはディサイファ、サングラスのみ。
ダートで好走経験があるような馬のタフさが要求されたと解釈します。

確かにダートを経験していれば、タフな馬場に強いのかという疑問は沸きますが、
ダートを経験した→タフな芝が得意 ではなく、
ダートに出走させようと陣営が考えた→瞬発力よりはタフな競馬が得意
という理屈で私は捉えています。

くわえて、上位は揃って内枠。特に上位2頭は道中はインでじっくり溜めて、4角もそれほど外に振られるロスもなく、鮮やかに外マクリを決めた。外に出しやすい状況だったので、インを突くか迷うこともなく、外を回したことがうまくいった。

マウントロブソンは、スタート直後に接触するトラブルがあったようで位置取りも悪く、あそこからは厳しい。いずれにしてもモレイラ効果による過剰人気だったことは否めない。

エアスピネルは、小回りに強い牝系でここは好走を期待したが、大外枠から好位をとれたが、前半はやや行きたがる素振りもあった。5着だからそんなに悪い競馬ではないと思うけど、武豊効果、クラシックの主役の1頭だったこともあっていつも過剰に人気している。
乗り難しそうな馬だから、次走以降も鞍上には注意したい。個人的には福永で芝2000の小回りあたりが良いと思う。ピッチよりの走法だから、インで足を溜めて、小足で抜け出す競馬が合うはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました