【中京記念】~外枠有利~

中京競馬場がリニューアルして、まだ5年目。

中京記念も今の中京では過去5回しか実施されていないレース。

同重賞の過去データから傾向のようなものを読み取ろうとするのは、危険でしょう。

あまりにもサンプルが少なすぎます。

ただ、少ないサンプルをきっかけに新たな仮説を作る姿勢は持っておきたい。
しかし、仮説は仮説で今回のレース的中には役立ちにくい。

そこで、
中京の芝マイル全クラスに視野を広げてみますと、
目立った傾向があるのは、「枠」でしょう。

中京芝マイル 全クラス 148サンプル 枠別
(サンプル148レース)

連対率や複勝率が外にいくほど、上昇していく傾向があります。
また注目すべきは、回収率も良いという事です。

普通は、目立った傾向が出てくると、今の馬券プレイヤーは傾向に敏感なので、オッズ的な妙味はなくなりがちです。

しかし、中京マイルの外枠の好走率が高いにも関わらず、回収率が高いというのは、決して多くの人が注目しているわけではないということです。
7枠」「8枠要チェックですね。

また、ペースが落ち着きやすいのも中京マイルの特徴です。

古馬のレース平均が、前半5F59.89 後半5F59.44

前半はマイルにしては、落ち着きやすいので上り勝負になりますが、
時計上は直線に坂もあるので、そう速いラップにはならず、前後半一定のラップがきざまれやすい。

京都や東京的なキレではなく、それよりもジリっぽいが長く足の使えるタイプが合うでしょう。

タイプ的には、ダノンリバティとブラックムーンが近いか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました