2019-07

コース分析

ダートの直線距離と逃げ・先行の関係性

今週末はレパードSが新潟で行われます。新潟競馬場といえば直線が長いイメージが強く植え付けられていますが、あくまでそれは芝の外回りに限った話。ダートに関しては標準的な直線距離です。以下のグラフを見てみましょう。図1.各コースと直線距離各コース...
レース回顧

クイーンS 2019 回顧 ~ スロー上がり勝負を前々で

良い復習が良い予想を生む。そう信じて。クイーンSの回顧をします。まずは一枚にまとめたレースレポートをクリックしてご活用ください。レースレポート先行勢やインを立ち回る差し馬が好走するのは傾向通りでしたが、8枠が2頭馬券に絡んだことは傾向とは違...
競馬予想

クイーンS 2019予想 ~ 4角ポジションにこだわって

図1画像をクリックして拡大上のレースプレビュー画像をもとに予想を進めてまいります!小回りの中距離重賞なので、いかにロスなく立ち回るかが勝負のカギです。過去10年のクイーンSの4コーナーでsのポジションを見ても、基本は内を通る馬が好走しており...
競馬予想

クイーンS 2019 4コーナー前後左右のポジション分析

夏競馬は、中京と新潟を除けば小回りコースで行われるため、4コーナーでの位置取りが勝負を分けるポイントになりやすいです。今回はクイーンSの過去10回分のレースを映像と4角位置を組み合わせて、4コーナーでの前後左右の位置関係を座標化しました!ま...
競馬予想

土曜の傾向を踏まえて福島テレビOP予想

福島は芝もダートも8枠フィーバーが起きています。土曜日の障害を除く10Rの連対馬の枠を見ると、20頭中10頭が8枠で迷ったら8枠でいいぐらいの勢いです。ダート1700mは元々8枠が有利なコースなので平常運転ですが、芝も内が痛んで外を回さない...
競馬予想

07/20 函館日刊スポーツ杯 予想

函館芝1200m 函館日刊スポーツ杯11R函館1200mは逃げ・先行を狙うのが原則ですが、開催の進行とともに変化を読み取る必要があります。先週行われた函館1200mが7レースあります。脚質別成績がこちら。 脚質上り 着別度数 平地・逃げ...
コース分析

小倉競馬場の枠順成績をグラフ化

小倉競馬場の開催が近いですね。ローカルの小回り競馬場といえば内枠有利と一般的には言われますが、果たしてコースを問わずにいえることなのかグラフで確認してみましょう。小倉の主要コース、芝1200m、ダート1700m、芝1800m、芝2000mの...
レース回顧

函館記念2019 簡単レース回顧 ~ いつもと変わらない風景

近走で逃げたことのある馬がマイスタイル、ドレッドノータス、マイネルファンロンのみだったが、中でも一番内で能力上位なマイスタイルが迷わずハナへ。内枠の先行勢が順に位置取り、大きな動きなく4コーナーまで流れ、先行した2頭のたたき合いに。過去の函...
POG

ダービーとオークスからPOG&馬券戦略を考える

2019年の上半期が終わって時間が経ちましたが、セレクトセールやPOG馬選びなど、先を見据えた選択の機会が多くなる時期です。クラシック戦線の最大目標のダービーとオークスはいずれも東京競馬場で行われるため、東京競馬場の芝コンディションが運命を...
競馬予想

七夕賞を前走距離で攻略する

今週は七夕賞。荒れる重賞で有名なのでこぞって穴パターンを皆さんあげていますね。ここではあまり言及されていない前走距離に着目します。*データ取得範囲について七夕賞に限定するとサンプルが非常に少なくなりますので、過去10年分の福島芝2000mの...
タイトルとURLをコピーしました