2019-04

競馬予想

04/27(土) 東京ダート1600m 6R予想

東京6R1Rは堅いながらも馬単のウラならと狙うもオモテ決着。馬の選択は悪くないとポジティブに行こう。メンバーの質500万で惜しくない負け方をした組+未勝利を普通の勝ち方をした組低いレベルでの混戦といった様相。ペース距離短縮組が12/15いて...
競馬予想

04/27(土) 東京ダート1600 1R予想

東京1Rここはメンバーレベルがかなり低く、何とか美点を見つける方向で加点方式で予想したいところ。血統面ここはコース適性からはややずれる種牡馬が揃った。メンバー内でダート種牡馬としては、サウスヴィグラス、ヘニーヒューズ、キンシャサノキセキ、パ...
レース回顧

皐月賞を復習しダービーに備える 2019

タイム面走破タイム自体は近年の高速決着と同程度。今年が特段レベルが高いということはタイム面からは言えないですが、最近の皐月賞上位馬はその後の活躍が目立ち上位3頭は抜けている。ラップタイムから走破タイムまで、15年のドゥラメンテの皐月賞と隅々...
競馬予想

2019 皐月賞 予想 スピード勝負を制せ。

皐月賞の特徴としては、他の中距離G1には見られないラップ構成。ゆるむことがなく速いラップを刻むタフなG1。小回りなので機動力を備えていることは必要で、ペースいかんによってマイラー型のスピード勝負と長距離型のスタミナレースに分かれるところがポ...
レース回顧

皐月賞 前哨戦分析

皐月賞までの主要レースの内容を分析します。共同通信杯 5ハロン勝負 上位2頭ハイレベル後半5Fが高速勝負。決してラスト3F勝負ではない。というのも後半5Fは、過去10年の東京芝1800m(良馬場)合計442レース中8番目に速いラップ。毎日王...
種牡馬

ロードカナロア産駒の特徴をグラフでザックリ捉える

ロードカナロアと産駒ロードカナロア自身は歴史的なスプリンターでありながら、そのしなやかさゆえにマイルG1も制しており、産駒も距離の融通は効く。しかし距離の上限は1600mとデータが示しており、アーモンドアイのように2400mまでカバーする馬...
レース回顧

大阪杯 人気馬の敗因分析 2019

上位に来た馬の好走要因は各方面で多く語られていると思うので、人気を背負いながらも裏切ってしまった馬たちの敗因を分析しましょう。レースラップ分析まず前提となるレースラップを整理します。今年の大阪杯は前半1000m 61.3 - 後半600m ...
タイトルとURLをコピーしました