原則に従う

原則に従うのは意外と難しいように思います。
競馬予想において原則に従うというのは、データ的にも理屈的にも説得力の高いと思われる ファクターに従うことです。
もう少し具体的にいえば、ダートは前が有利とか、馬体重の大きい馬が有利とか、これらの説はおよそすべての競馬場で当てはまり、データと理屈が共に揃っています。
この原則に従い続けるというのが回収率UPを目指すなら必要です。意外と人はこの原則に従い続けることが簡単にできるわけではありません。

ダートは逃げ先行有利と分かっていても、目の前の1レースに限っては別の結果が起こるのではないかと思えてくるのです。 そこで踏みとどまるのです。やっぱり前が有利だ、と言い聞かせて天秤にかけた2頭がいるなら、より先行可能性の高い方を、より馬体の大きい方を選択する。

これを一年間徹底できれば、変に色を出そうとしていた今までの自分の予想とは違った予想ができ、回収率も変わってくるでしょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました